月別アーカイブ

フリースペース

TOP

就活を成功させるためのコツを紹介しています

福利厚生とは

企業が従業員に対して、通常の給与や賃金にプラスをして支給する、非金銭報酬のことを福利厚生といいます。この目的は、従業員の経済的保障をできるだけ手厚くすることで、従業員が会社に対しての貢献度を高めていくことを目的にしています。また、これによって労働の意欲を高め、能率の向上を目指していく会社側の狙いもあります。取り組みの内容は、企業によって違いがありますが、一般的に安定している企業では福利厚生が充実していますし、不安定な企業では経費削減といった感じで内容の見直しなども行っています。福利厚生の例をあげてみると、住居や保険は一般的なものですし、他には子育て支援や社員食堂もこれに含まれます。また社員旅行や企業が行っているクラブ活動でも対象になります。こうしたものが充実している企業を労働者側も知ることで、会社の内情を多少は把握できるのかもしれません。削減ばかりでは働く意欲もなくなるのはあたりまえですからね。

マイナスのイメージでは決してない

多くの企業が年度始めの4月に一括採用します。これに対して、ここのところ増えて来たのが秋採用。アメリカの大学を始め、卒業は秋というのが世界的には多いんです。留学生のための人数枠をわざわざ残して、秋に採用活動を行います。留学生の獲得以外にも、春採用では十分採用しきれなかった企業が、再び採用を秋に行います。内々定を出していたにもかかわらず、それを蹴られて他の企業に行かれてしまった場合もあります。大企業の人事担当者は、春採用は就職までに1年近くあるため、時期的に学生が、自分が本当は何をしたいのかはっきりつかめていない人が多く、優秀な人でも不採用になるケースが目立つと言います。就職を間近に控えた秋であれば、学生気分いっぱいの考え方からも脱却出来ており、しっかりした考えを持つ優秀な学生を採用出来るようです。春採用で採用されなかった=優秀ではない、というマイナスのイメージでは決してなく、これから秋採用はどんどん増えていくことでしょう。

グループ面接で採用担当者が見ている部分

集団面接、あるいはグループ面接は、新卒採用の入社試験ではよく行われる面接スタイルです。一度のグループ面接で終わらず、二度三度と面接が繰り返されて個人の評価が下されることもあります。大手企業ほどその傾向が強いため、志望者はポイントを押さえて面接に挑む必要があります。グループ面接では、人事を含めた採用担当者が応募者の適性を見ています。例えば、社会人らしいマナーを持っているか、会話の仕方は社会人レベルかは重要です。イントネーションの付け方、発音の仕方なども含め、話の要点がつかめない、あるいは意見を言わないなどもマイナスポイントになってしまいます。逆に要点を押さえながら、周囲のことも考えつつまとまった意見を出す人は高ポイントです。自己PRなども、まるっきり暗記したように喋ることがイメージダウンにつながります。心の底から思っていることなら、暗記しなくてもアピールできるはず。たとえ暗記したことでも、自分が日頃から思っている内容を上手に組み入れれば、自然な感じで話すことができるでしょう。